公園の遊具がどんどん幼児化している

うちの子が小さい頃は、公園の遊具もそれなりにスリルのあるものもあり、けっこう幅広い年齢層の子が楽しめました。
しかし、最近その遊具がどんどん小さい子向けに替ってしまってるんですね。
近所の公園に、まるでアスレチックにあるような、丸太を組んで作られた矢倉型の遊具がありました。
珍しい遊具なので、小学生たちがいつもたくさん遊んでいたんです。

その遊具が数年前撤去されてしまい、後にできたのは、今どきの幼児向け遊具。
髙さも低く、小学生はとてもじゃないけど恥ずかしくて遊べません。
だから遊んでいるのは、周辺の保育所の子たちばかりです。
確かに安全面を考えると、けがする心配がより少ない遊具のほうがいいのでしょう。
でも、そういう遊具しかなくなると、結果小学生以上の子たちの遊び場所がより失われることになるんです。
ボール遊びできる公園もすっかり減ってしまいましたし。
大きな子達がのびのび遊べる公園もちゃんと用意してほしいです。